個人輸入をするときの注意点

個人輸入は、海外のネットショップや直接取引きなどで、日本では手に入りにくい商品を見つけることが出来る方法、として最近話題となっています。

 

また、円高還元により格安で商品を仕入れることができるのもおいしいところ。

 

しかし、初めて個人輸入をやる人はいくつか注意点を留意しておかなければなりません。

 

 

関税リスクに気をつける!

 

個人輸入をビジネスとして考える人にとって関税は頭の痛いところ。

 

取引する金額が大きくなれば、関税のコストというものを考慮しておかなければなりません。

 

海外の食料品やブランド物を輸入しようと思ったら、この関税が必ずかかります。

 

それプラス送料というものが、重くのしかかりますので、利益を上げるのはなかなか容易ではないようです。

 

しかし、通常の商売と比べて低資本で開業できますので、やり方次第では大きな利益をあげることができるのも個人輸入ビジネスの面白み!

 

 

商品トラブルリスクも覚悟する!

 

個人輸入でもっとも目にしがちなトラブルは「商品に関するトラブル」です。

 

注文していた商品が届かない!画像とは全然程度が違っていた!などなど、海外での取引ではこういったトラブルはつきものです。

 

しかし、こういったトラブルは、経験していきながら「目」を養っていくしかないでしょう。

 

LINK

NTTデータ関西「海貨業務システム」は、定評のあるフレームワーク「intra-mart」を使った、トータルワークフローWebシステム。業務内容に沿ったテンプレートが用意されているので、必要業務に絞った利用が可能です。Webベースで、入力・参照も場所を選びません。機能修正・メンテナンスもサーバ側で一括管理できます。次代の基幹業務システムの構築を、短期間で効率的に実現してくれます。
海運貨物のシステムはNTTデータ関西

個人輸入

最新記事