個人輸入のノウハウ > 個人輸入 > 関税について

関税について抑えておきましょう

個人輸入では、ある一定の金額を超過した場合、関税がかせられるということを知っておかなければなりません。
この「関税」は、輸入する品物によって税率がかわり、よくある関税対象商品としては、ブランドバッグや食料品などが挙げられます。

 

輸入関税について詳しく知りたければ、「東京関税局」をインターネットで検索してみるといいでしょう。
電話などでも質問に対応してくれますので、わからないことは予め聞いておきましょう。

 

 

★東京関税局

 

東京関税局相談官 電話番号 03-3529-0700

 

また、個人輸入に関する知識をもっと得たい方は、「ジェトロ(日本貿易振興機構)」を見ておくといいでしょう。
このサイトでは、個人輸入に関するトラブルや、利用頻度の高い英文のサンプルなどのツールが掲載していますので要チェックです!

 

 

★個人輸入の関税率について

 

個人輸入への関税は、個人用品特例として「商品代金の60パーセント」に対して課税されます。
また、輸入した商品の課税対象額の合計が10000円以下の場合、関税はかかりません。

 

輸入する商品によっても税率が変わるので注意が必要です。
関税は結構な重いコストになりますので、個人輸入を始める前には必ず、金額や対象商品についてよく調べておきましょう。

Link

経営サポート、税務コンサルティングなど、中小企業の方のお手伝いをしております。頼れる10名の税理士があなたをサポートいたします。
大阪の税理士事務所

 

 

カード印刷のことならこちら
カード制作をするなら日本有数のカード製造工場と直接契約を結び、常に最高品質のカードを提供できる環境を整えている日本カード印刷へ。

個人輸入

最新記事